研磨加工検査装置に「表面粗さ換算値」も表示します



研磨加工検査装置の【新機能(「表面粗さ換算値」の表示)】についてお知らせです。

今までは、研磨状態を「面性状」という項目で表示しておりましたが、
より現場の方に使っていただきやすいように、【表面粗さ換算値】という項目も表示する改修をいたしました!

単位は、ミクロン(μ)(※1/1000ミリメートル)です。

【面性状】・・・0~255 までの数値で表した独自の数値

【表面粗さ換算値】・・・低い箇所から高い箇所までの差、つまり『デコボコの高さ』の推定数値を算出したものです。


新機能【表面粗さ】の説明画像
以上、新機能追加についてご報告でした。


「カタログが欲しい」などご希望・ご質問などございましたら、
こちらからご連絡をお願いいたします。

お問い合わせはこちら >



PDF版はこちらからダウンロード可能ですのでぜひご利用ください。

※印刷される場合は、【倍率=95%、両面印刷】での設定をおすすめいたします
▽ 画像をクリックすると、拡大表示できます