投稿者「jsdhomeadmin」のアーカイブ

おかげ様で創業38周年

 
日本システムデザイン株式会社は、2022年2月1日で38周年を迎えました
※都合で1日早く投稿させていただいております

 
これもひとえに皆様のおかげであり、深謝申し上げます。
(皆様とは、お客様、ご支援・ご協力いただいた方々、
 株主様、地域の皆様など、関わりのあった方すべてでございます)
 
39年目も、これからと変わらず
 
社会に貢献できる ものづくり
組み込みマイコンのシステム開発)」ができるよう
 
邁進していきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。

 
 
日本システムデザイン株式会社 組み込みシステムembedded system
 
 
 
 

対話できるAI【ChatGPT】を使ってみた件

 

先日、弊社社長から
ChatGPT(チャットジーピーティー)」という
面白いAIツールがあるよ、と教えてもらいまして。

GPT:Generative Pre-training Transformer
自然言語処理タスクを実行するために訓練された大規模な言語モデル

 
 

早速「どんなことが出来るのか」触ってみたので、
今日は試してみた結果をシェアさせていただこうと思います!
 
 
 

学生さんひらめき(男子)

いきなりだけど、、「ChatGPT」って何?

 

OpenAI(人工知能を研究するアメリカの非営利団体)によって開発された《AIチャットツール》のことみたいよ!
 
チャットであらゆる質問に答えてくれたり、情報を提供してくれたり、テキストの要約やコードの作成などのタスクを支援したりすることが可能みたい。

学生さんひらめき(女子)


 

ChatGPTのログイン画面▲ ChatGPTログイン前の画面

 

  • 現在(2022年12月)は登録すれば無料で利用可能(研究段階のため)
  • イーロン・マスク氏は、OpenAI創設者の1人
  • チャット式で人間との会話のように答えてくれる
  • 前の会話の流れも加味して答えてくれる
  • 画面は英語だけど、日本語でも質問できる

 
 
 

公開から6日間で100万ユーザーを突破

調べてみますと、、、
 
米国時間の2022年11月30日に公開されたようです。
つい先日公開されたばかりだったんですね。
 
 
公開から6日間で100万ユーザーを突破したとのことで、、

OpenAIのCEOSam Altman氏が
12月5日にツイッターでこのようにツイートされています。
  ↓↓↓↓↓↓

 
使ってみるにはメールアドレス(Googleアカウント)&電話番号での登録が必要でしたが、早速登録してみました。
 
(ちなみにGoogleアカウントでの登録はササっと楽でした!)


 
 
 
 

間違えることあります、と言っています

登録後、ログイン後の最初のページに、きちんと「制限事項」として
“誤った情報を生成することがある”と記載があります。
 

ChatGPT ログイン後の画面(日本語に翻訳した状態)▲ログイン後の画面(日本語に翻訳した状態)

 
 
ですので、完全に信じるのは危険ということですね。
実際、面白い回答をくれたケースもありましたので後で紹介いたします。

 
 

\▼ 使ってみました! ▼/


使ってみた結果


【質問1】会社説明文を入れてみました

 
会社の説明文を入れてみました。
 
実は、質問を入れる前にリターンキーを勢いで押してしまい送信されてしまったのですが、文章を要約してくれた?みたいです。
 
文章的には、「~可能です。~可能です。」と同じ表現が続いてしまっているので自然にならず少し残念。(※黄色背景)
 
ですが、「お手伝い」→「支援」と少しキリッとしたフォーマルな伝え方に修正されていたり、「お客様の現場で実現していきます」という表現のくだりは「多少参考になるかな」と感じました。(※赤ライン)

 
 

【質問2】組み込みシステムの関連ワードを訊いてみる


 
組み込みシステムの関連する言葉をできるだけ沢山教えて、と訊いてみました。
 
最初はいい感じに教えてくれてたのですが、
6つ目のマイクロコントローラーの終盤で・・・

 

 
[network error]となってしまいました。
 
何度か再トライしてみたのですが、「沢山教えて」と言ったのが悪かったのかどうしてもエラーに。今まで出力された文字は消えてしまうのが残念でした。
 
せっかく教えてくれてた文章は途中までで良いので残ってくれると助かるな、と思いました(無料ですし決して文句ではないです)。エラーはこちらの環境の問題なのかもしれません。

 
 

【質問3】「転倒予防」についてリストアップ形式で訊いてみた


 
バランス評価できる新ツール、BalanScore(バランスコア)に関連して「転倒予防に必要なこと」を教えてもらおうとしました。
 
数字つき箇条書きで回答してくれて、「なるほど、いい感じ!」
 
と思ってたのですが、、、
 

 
今回もなぜか[network error]となってしまい残念。。。

 
 

【質問4】目を引くキャッチコピーを5つ頼んでみた


 
今度は「新商品のキャッチコピー候補」を5つ考えて欲しいとお願い。
 
出てきた案は、簡潔なタイプのキャッチコピーでした。
 
この中で最後の案、“バランスボードに新しい楽しみ方を!”
というコピーは今まで出てこなかった表現でしたので「お!」と新しさを感じました。
 
クリエイティブのアイデア出しに良さそうですね。

 
 

【質問5】弊社にぴったりな「詩」をお願い

 

 
作文や論文も得意な様子だったので、「詩」をお願いしてみました
 
なんだか、キラキラと輝かしいちょっと大げさで恥ずかしくなってしまう、面白い感じの詩に仕上がっています笑
 
別バージョンはこちら↓
 

 
抽象的ではない言葉を期待したのですが、そこは出てこない様子でした。(学習してないから当たり前ですかね)

 
 

【質問6】白菜が余った時の活用法は?

 

 
事業内容とは全く関係ないですが、よく余りがちな白菜の使い道について質問。
 
ですが、、この答えは珍回答でした。
 
アレクサ風というのは、予想通りスルーで(よく考えたら判別も難しいですよね)
フライドチキンといったものが作れます

白菜サラダにするには『小麦粉と水を混ぜて作った生地を白菜にまぶします
という面白い答えをくれました笑。(黄色マーカー部分)
 
何の料理と混ざっているでしょうか。

 
 

【質問7】1年があっという間に感じるのはなぜでしょう…

 

 
最後に、今年もあっという間に過ぎてしまったので、
こんな質問を!
 
ドラえもん風での回答をリクエストしてみました。
 
なるほど、「没頭してるから」なんですね!
 
『仕事や家事など大人の世界に没頭するからです。また一日が短く感じるのも、一日中深く集中して仕事をしたり複雑なことを考えたりするからだと思います。』
これには納得。
 
でも、やはり「ドラえもん風」というところは難しかったようでスルーされてしまいました。
 

 
 

以上、シェアさせていただいた以外にも色んな質問してみたのですが楽しかったです。
 
 
 
 

実際、どのように活用できるでしょうか・・?

 
個人的には、「クリエイティブのアイデア出しや改善」に一番使えそうだな、と感じたところです。
 
 
言葉の表現で「類義語」をよく検索するのですが、そのような使い方はどうかな?と思ったところ・・・


 
最後に間違った答えが。堂々と言い切ってるところが面白くも可愛いですね。
 

以上、最後までお読みくださりありがとうございました。

  
  

— P.S —
今年最後の記事となりそうです。
 
来年2023年も役に立つ情報発信をしていけたらと思っています。
 
 
皆様、どうぞ良いお年をお過ごしください。

  

年末年始休業日のお知らせ(2022-2023)

 
12月に入り、広島でも朝夕はだいぶ冷え込んでまいりました。
平素は格別のお引立てを賜り誠にありがとうございます。
 
年末年始の休業日が決定いたしましたのでお知らせさせていただきます。
 
 

1.最終営業日

2022年12月28日(水)

 
 

2.休業日

2022年12月29日(木)~2023年1月4日(水)まで

 
 

3.営業開始日

2023年1月5日(木)から

 
 
 

休業中はご迷惑をおかけいたしますが
何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
 
 

夏季休業のお知らせ 2022

 
平素は格別のお引立てを賜り誠にありがとうございます。
 
夏季休業期間が決定いたしましたのでご連絡させて頂きます。
 

休業日  2022年8月11日(木)~2022年8月17日(水) まで

 
休業中はご迷惑をおかけいたしますが、
何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
 
 

[プレスリリース]バランス評価システム【BalanScore】新発売

 

 

\ 2週間の 無料貸し出し 実施中! /
無料貸し出しを希望する 

 
日本初。動的バランス力の客観的評価ができる
 

▼ こちらをクリックして特設ページへ▼

 
 

1. 概要


弊社、日本システムデザイン株式会社は
乗るだけで簡単にバランス力の客観的評価ができるBalanScore(バランスコア)」を
2022年7月1日(金)より発売いたします。
 

  • バランスボードにバランス評価機能がついた、日本初の新システム。
  •  

  • 動的バランス機能の客観的評価ができます。
  •  

  • 得点が出るので、ゲーム感覚で楽しみながら「バランス力」を鍛えられます。
  •  

  • 長年【姿勢・歩行バランス】の研究をされている広島大学名誉教授/医学博士である渡部和彦(ワタナベ カズヒコ)先生との共同開発。

 

▼こんな施設に▼
 
スポーツジムフィットネスリハビリ施設
ケアハウス小中高校 、スポーツ専門学校など。
 
健康関連イベントや健康に特化したレジャー施設にも。
 

 

 
 

2. 紹介動画


▼【1分54秒】でバランスコアがわかる!

 
 

3. プレスリリース印刷用 ダウンロード


 

プレスリリース

 
プレスリリース【BalanScore(バランスコア)】
 

ダウンロード


 

ブラウザで開く

こちらをクリック

 

  

 
 


4. パンフレット ダウンロード

 

パンフレット

 
パンフレット【BalanScore(バランスコア)】バランス力の評価が転倒予防に?姿勢調整機能を長年研究されている専門家によるメッセージあり
 

BalanScoreのパンフレットをご覧になりたい方はこちらから
パンフレットを希望する 

 

 
 
 

ご要望に沿ってカスタマイズも可能です。
\ 2週間の 無料貸し出し 実施中! /
その他のお問い合わせはこちら 
 
 

\ 詳しい紹介はこちら ! /
【BalanScore】バランスコア(バランスボードにバランス評価システムがついた)


 
 

ゴールデンウィーク休業日のお知らせ 2022

 
 

平素は格別のお引立てを賜り誠にありがとうございます。
 
2022年のゴールデンウィーク休業日が決定いたしましたので、お知らせさせていただきます。
 
 

休業日  2022年4月29日(金)~2022年5月5日(木)まで

 

休業中はご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。

 
 

おかげ様で創業37周年

 
日本システムデザイン株式会社は、2022年2月1日で37周年を迎えました
 
これもひとえに皆様のおかげであり、深謝申し上げます。
(皆様とは、お客様、ご支援・ご協力いただいた方々、
 株主様、地域の皆様など、関わりのあった方すべてでございます)
 
38年目も、これからと変わらず何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 

 


37周年を記念し
会社紹介動画を新たに制作し公開しました!

ぜひご覧いただければ幸いです。
 ↓ ↓ ↓
 
【そうだ!組み込みシステムで無人化しよう】 [01:59]


 


 
 

2022年 新年のごあいさつ

 
新年、明けましておめでとうございます。
旧年中は格別なご高配を賜り、誠に有難うございました。
 
2022年は創立から37周年を迎える年となります。
 
現在、本年に予定していることとしましては
 

  • AGV開発キット (AGV用の多機能ボードとソフトのセット。開発サポートも可能です)
  • [完全自社製]パーティクルカウンター(据え置き、ハンドヘルド型の2種)

 
の発売がございます。
 
準備が整った際にはホームページ上で発表させていただきますので
何卒よろしくお願い申し上げます。
 
 
2022年が皆様にとって佳き年でありますようお祈り申し上げ、
年頭のご挨拶とさせていただきます。
 
 


 
 
* * * P.S * * *
 
年始からここ広島でもオミクロン株感染が増加している状況であったり
世界的な半導体不足や電子部品も
なかなか手に入らない状況ではございますが、
本年も「軸」は変わりません。
 
世の中の役に立つ検査装置・ロボットを提供することで
現場のレベルアップ ” の手助けを 最短距離で できますよう尽力して参ります。
 
* * * * * * * * * * * * * * *
 

年末年始休業日のお知らせ(2021-2022)

 
11月も後半となり、広島でも朝夕はだいぶ冷え込んでまいりました。
平素は格別のお引立てを賜り誠にありがとうございます。
 
年末年始の休業日が決定いたしましたのでお知らせさせていただきます。
 
 

1.最終営業日 2021年12月28日(火)

2.休業日 2021年12月29日(水)~2022年1月4日(火)まで

3.営業開始日 2022年1月5日(水)から


 

休業中はご迷惑をおかけいたしますが
何卒ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
 
 

[NEWS]自社製パーティクルカウンター開発中!

 
約半年ぶりの、技術ニュースになります。
 
 
弊社では現在、「気中パーティクルカウンタ」を開発しているところです。
 
一般的にはあまり馴染みがないかもしれないですが「空気中にある、目に見えない微小なゴミ・ホコリを計測する機械」、なんです。
 

パーティクルカウンタとは

空気中や液体中にある目に見えない埃や微粒子、不純物などを計測する機械のこと。
 
微粒子測定器」「微粒子計」とも呼ばれ、主にクリーンルームで利用されます。
※空気清浄度が確保された部屋
 

 

以前より「他社製品の販売」と「校正」を中心にパーティクルカウンタ事業を行っていましたが、今回は基板からソフトウェア~筐体まで、すべて弊社で製作する“完全自社製品”となります。
 
集中管理可能な「クリーンルームモニタリングシステム」も同時に提供。
そのため、自動的に計測値のデータを収集し管理が必要な、工業系工場製薬会社様関連でもご利用いただける製品になります。
 
 
もちろん、清浄度を管理するために年1度必須となるメンテナンスも今まで通り弊社で対応いたします。

 

2タイプを予定
  • 1. レシートのように計測結果を印刷できる「据え置き型」
  • 2. 持ち運びしやすい「ハンドヘルド型」

日本システムデザイン株式会社 自社製パーティクルカウンタ(イメージ)

 
 

開発が進みましたら、ホームページからお知らせさせていただく予定です。
 
以上、技術ニュースでした。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。

 
 

/// P.S ///
▼【参考】食品工場に導入したパーティクルカウンタの3Dグラフィック

食品工場に導入したパーティクルカウンターの3Dグラフィック

 
 

パーティクルカウンタについてご質問などありましたら、こちらからお問い合わせください

 

製品一覧ページへ 

 
現在はMetOneHHPC+シリーズの販売や校正を行っています
パーティクルカウンタ製品ページ 

 
パーティクルカウンタとは?詳しい解説はこちら
【用語解説】パーティクルカウンタ >