丸太外径検査装置(ログスキャナ)

丸太外径検査装置(ログスキャナ)[LogScaner](径級仕分け、受入検査、材の管理、原木長計測、計測データの追跡もOK!)
ライン上に設置することで、原木を径級別に仕分けすることが出来ます。

ラインレーザ光とエリアカメラによる光切断法で形状を計測し、計測データをシーケンサへ渡します。


外観イメージ

ログスキャナ【外観イメージ】

特長

以下のような項目が計測できます
ログスキャナ計測項目(・径級(mm)・原木長(mm)・JAS石(m3)・曲がり(mm)・実体積(m3)・スクリブナー・テーパー(mm/m)・カット実材積(m3)・元口末口の判定
ログスキャナ計測項目(・径級(mm)・原木長(mm)・JAS石(m3)・曲がり(mm)・実体積(m3)・スクリブナー・テーパー(mm/m)・カット実材積(m3)・元口末口の判定

日本製
ログスキャナ・日本製なのでメンテナンスが簡単
日本製なので海外製で困りがちなメンテナンス等の点についても、より安心してお使いいただけます。

計測データの蓄積・管理・共有が可能
計測したデータはCSVファイルで自動保存しますので、材の管理・受け入れ検査に利用するなどデータの追跡が可能です。

さらに計測データを利用した独自のシステムを作ることも可能です。 (例えば「末口元口の判定結果」によって最適な木材カットのオペレータにデータを振り分ける、等)

用途

  • 原木の径級仕分け
  • 原木の長さ計測
  • 原木の体積計測
  • 仕入れ管理
  • 規格外のものが入っていないかのチェック(受け入れ検査)


仕様

計測項目 ・径級(mm)・原木長(mm)・JAS石(m3)
・曲がり(mm)・実体積(m3) ・スクリブナー
・テーパー(mm/m)・カット実材積(m3)・元口末口の判定
測定範囲 Φ50mm以上 ※これより小さいものはご相談ください。
サンプリング速度 15f/s(フレーム/秒)
電源 ・センサユニット・パソコン 単相100V
寸法 ・アルミフレームブース W3,100×D950×H2,900
・PCラック(クーラー付) W600×D890×H1,000
※形状・仕様等は、予告なく変更する場合があります

セット内容

  • アルミフレームボックス 1セット
  • センサユニット 4台
  • PCラック(クーラー付き) 1台
  • パソコン 1台

 ※仕様によって変わります


▼センサユニット配置図
ログスキャナ【センサユニット配置図】

▼外形寸法図
ログスキャナ【外形寸法図】(1.アルミフレームブース)
ログスキャナ【外形寸法図】(2.センサユニット)

ブロック図

ログスキャナ【ブロック図】


画面イメージ

ログスキャナ【画面イメージ】



▼ レーザでスキャンしているMovie [0分28秒]はこちら 

JSDでは、必要な要件だけをお客様のニーズに合わせて作ることができます。

丸太外径検査装置(ログスキャナ)についてご質問などありましたら、ぜひこちらからお問い合わせください!