地域貢献・教育支援

地域貢献・教育支援[Regional contribution・ Education Supporting]

日本システムデザイン(株)は、近隣地域の学校(大学、高専など)へ、ロボット技術・製品などを提供しております。
わたし達はこれからも、
”教育の支援” ”地域への貢献” の活動を通して
”社員技術力のレベルアップ” を続けながら、次世代へつなげていきたいと考えています。

倒立ロボット

大学の研究材料として 広島大学、広島市立大学、山陽小野田市立山口東京理科大学 に提供

倒立ロボット 【 上記ロボットは、広島大学・山陽小野田市立山口東京理科大学へ提供 】

倒立ロボット(倒立振子ロボット)はジャイロセンサを使用し、車輪2輪だけで自立して動くロボットです。
「教育用ロボット」として各大学にサンプルプログラムや開発環境を提供しています。

<倒立ロボットの動きが分かる動画は こちらをご覧ください>

【 広島市立大学へ提供した、倒立ロボット 】
▽画像をクリックすると、拡大表示できます
広島市立大学へ提供した倒立ロボットの画像



相撲ロボット

相撲ロボットイメージ

広島県立広島工業高等学校に、基板とソフトを提供

「全日本ロボット相撲大会」に参加するための、ベースとなる「基板と基本ソフト」を広島県立広島工業高等学校へ提供しています。

相撲ロボットの提供イメージ図

※ロボット相撲大会 とは

     
  • 1989年(1989年はプレ大会。翌年が第1回。)より、毎年開催されている大会
  •  
  • 技術とアイデアでロボット同士を戦わせる競技
  •  
  • 土俵上の2台のロボット間で、相手ロボットを土俵外に “2回” 押し出した側が勝利となる
  •  
  • 自立型(あらかじめロボットにコンピュータープログラムを設定)とラジコン型(プロポで操縦者がロボットを自由自在に動かし戦う)の2種類


▽ 画像をクリックすると、拡大表示できます
sumorobot_1
過去の様々な年代のロボット
sumorobot_2
戦いの前のロボット
sumorobot_3
基板を上から見たところ
sumorobot_4
基板を上から見たところ
sumorobot_5

sumorobot_6

<実際戦っている動画は、こちら>


*広島県立広島工業高等学校は、毎年「全日本ロボット相撲大会」へ出場しており、全国大会へ進出する年もあります!*

直近の大会結果

2016年10月30日 第28回 

全国大会進出!


 中国大会
 高校の部 ラジコン型
 順位 1位、2位
 
 全国大会への進出、おめでとうございます 
 優勝と準優勝したロボット  全員での集合写真  未来の技術者さんたち!
 「ロボット相撲大会。県立広島工業高等学校が全国大会進出!」記事もご覧ください

2015年11月1日 第27回 

全国大会進出!


 中国大会
 高校の部 自立型
 順位 5位

2014年10月5日 第26回 

全国大会進出!


 中国大会
 高校の部 自立型
 順位 4位

2013年9月8日 第25回
 中国大会
 高校の部 ラジコン型
 順位 4位

2012年10月28日 第24回 

全国大会進出!


 中国大会
 高校の部 ラジコン型
 順位 1位

2011年10月16日 第23回 

全国大会進出!


 中国大会
 高校の部 ラジコン型
 順位 2位



ロボット相撲については、こちらをご覧ください
「全日本ロボット相撲大会」へのリンク

企業情報へ >

Share on FacebookTweet about this on TwitterPin on Pinterest