[NEWS]自社製パーティクルカウンター開発中!

 
約半年ぶりの、技術ニュースになります。
 
 
弊社では現在、「気中パーティクルカウンタ」を開発しているところです。
 
一般的にはあまり馴染みがないかもしれないですが「空気中にある、目に見えない微小なゴミ・ホコリを計測する機械」、なんです。
 

パーティクルカウンタとは

空気中や液体中にある目に見えない埃や微粒子、不純物などを計測する機械のこと。
 
微粒子測定器」「微粒子計」とも呼ばれ、主にクリーンルームで利用されます。
※空気清浄度が確保された部屋
 

 

以前より「他社製品の販売」と「校正」を中心にパーティクルカウンタ事業を行っていましたが、今回は基板からソフトウェア~筐体まで、すべて弊社で製作する“完全自社製品”となります。
 
集中管理可能な「クリーンルームモニタリングシステム」も同時に提供。
そのため、自動的に計測値のデータを収集し管理が必要な、工業系工場製薬会社様関連でもご利用いただける製品になります。
 
 
もちろん、清浄度を管理するために年1度必須となるメンテナンスも今まで通り弊社で対応いたします。

 

2タイプを予定
  • 1. レシートのように計測結果を印刷できる「据え置き型」
  • 2. 持ち運びしやすい「ハンドヘルド型」

日本システムデザイン株式会社 自社製パーティクルカウンタ(イメージ)

 
 

開発が進みましたら、ホームページからお知らせさせていただく予定です。
 
以上、技術ニュースでした。
 
 
最後までお読みいただきありがとうございます。

 
 

/// P.S ///
▼【参考】食品工場に導入したパーティクルカウンタの3Dグラフィック

食品工場に導入したパーティクルカウンターの3Dグラフィック

 
 

パーティクルカウンタについてご質問などありましたら、こちらからお問い合わせください

 

製品一覧ページへ 

 
現在はMetOneHHPC+シリーズの販売や校正を行っています
パーティクルカウンタ製品ページ 

 
パーティクルカウンタとは?詳しい解説はこちら
【用語解説】パーティクルカウンタ >