Qt を使ってみる(1)

DigiKeyでBeagle bone black用のLCD(4.3inch)を購入して組込みLinuxに取り組むことになり、開発環境としてQt(キュート)が良さそうなので使ってみることにした。

とりあえずのメインターゲットはLinuxでAndroidとiOSは評価のみ

色々なOSで試してみた雑感とインストールメモ

1.Windows8.1

インストールは簡単に出来たがサンプルの実行がなかなか出来なかった
出来てもどうもモッサリしているのでちょっと試しただけでパス。

2.VirtualBox上のUbuntu14.0

Qtの自動的にOSを識別してくれるインストーラでは何故か32bitのLinuxを64bitと御認識してしまいうまく行かなかった。
インストールファイルを指定してダウンロードし、実行することで殆どのサンプルが動作したしWindows版より心持サクサク動作するような気がする。

(躓いた点)
A.Qtダウンロードサイトの自動認識が32bit版Linuxを64bitと御認識して失敗したため暫く悩んだ。

B. OpenGLが動作するためにはUbuntuに追加パッケージを導入しなければならない。

3.Mac OSX

インストールとMACとiOSをターゲットにしたサンプルは簡単に実行できた。

ただAndroidをターゲットにするための設定が判りにくい。
Androidシミュレータを動作させるためにJDKとAndroidSDK、Android NDKをインストールする必要があるのだがインストールは簡単にできるものの、というかインストーラが自動的に処理を済ませてしまうためQtに登録するツールのパスがどこにあるのか見つけにくい。

A. JDKのパス

ここで教えてもらったコマンド
/usr/libexec/java_home -V
を使ってやっと見つけた。

B.Android SDKのパス

最初Android SDKも一緒にインストールされるというAndroid StudioをインストールしてみたらどうしてもSDKの場所が見つけられなかったのでAndroid Studioを削除してAndroid SDKをダウンロードして解凍して使用。
解凍したあとにSDKマネージャー( tools/android)を起動して必要なPlatformを追加インストール。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)