KiCad Ver5.1.2について

KiCad Ver5.1.2 の新機能

KiCadのサンプルデータをGithubに公開するにあたって、KiCad Ver4.0.7から Ver5.1.2にバージョンアップしました。

簡単に使ってみた感触では、機能及び操作性に大きな違いは無いように思いますが、Ver5になって、有り難いと思える新機能が二つありました。

1.3次元表示に使うデータとして、stepが追加になった。

 Ver4.xでは3次元表示に使えるデータは .wrl の形式だけでしたが、部品メーカー等が提供している3次元データには .wrl 形式のデータが無い場合が多く、FreeCADなどを使ってデータ変換をする必要があり、これが結構面倒でした。

Ver5.xでは標準的にサポートされている step データを読み込めるようになったため、KiCadのライブラリに無い3Dモデルを追加するのが楽になりました。

2.塗りつぶしパターンに簡単にViaが追加できるようになった

パターンを引き終わった後にGNDで空いたところを塗りつぶし、上下のGND面をViaで接続することで ノイズを低減し、CPUの動作安定を図ることが出来ます。

KiCadにも空いた部分を自動的に塗りつぶす機能が機能が備わっています。
しかし、Ver4.xでは上下の塗りつぶしパターンを接続するVia(バイアスホール)を追加するために、有効なネットからパターンを引いていく必要があり、これが地味に面倒でした。
Ver5で塗りつぶしパターンの上であればどこにでも、Viaを置くだけで自動的にパターンと同じ信号のViaを追加できるようになり、大きく実用性が増しました。

KiCad Ver4.xのデータ引き継ぎ

KiCad Ver4.xのデータをKiCad Ver5.1.2で読み込むことについては特に問題はありませんでした。
ただし、ライブラリは異なっているところがあるので、Ver4.xの基板にVer5.xのライブラリにある部品を追加する場合は手間が必要でした。

KiCad Ver5.x 用サンプルデータの提供

KiCadで基板を作り始める時に、ベースとなる基板データを参考にしたり、改造したりして始めるのが近道です。

私が、ものづくり教育向けに作ったCPU基板と出力基板はKiCadの評価を兼ねてKiCadを使って作ってあるので、これを先生方や生徒の参考のため公開することにしました。

ライセンスはオープンソースハードウェア扱いとし、オリジナル元の記載を忘れないようにしていただければ、使用上の制限は設けません。

公開する場所はGithubを選びました。これまで使ったことがないので、ファイルの一部が欠損している等の不具合があるかもしれませんが気が付き次第修正していくつもりです。

1.ものづくり検定用CPUボード

KiCad5-pic18f45k22-v2cpubrd

広島県工業高校ものづくり検定の課題用に設計したCPUボードです。
KiCad Ver5.0用にアップデートしました

2.ものづくりコンテスト用出力ボード

KiCad5-syutsuryokukiban20

工業高校ものづくりコンテストの課題演習に使う出力ボードです。
KiCad Ver5.0用にアップデートしました

3.ステップモータードライブ&リレーボード

KiCad5-StepMotorDriveType1

CPUボードと重ねて使うバイポーラステップモータ用ドライブボードです
回路と部品を並べただけで、パターンは引いていません。
ロボットコンテスト用の参考基板データとして提供しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)